ecosunte -エコサンテ物産-
Japan
新着情報 ES大豆発酵生産物の食品研究発表 環境への取組み パブリシティー 会社概要 サイトマップ
TOPICS 健康食品分野利用 食品加工分野利用 発表会・展示会 個人情報保護 お問い合わせ  


■予防医学「大豆酵素」の有用性 科学が実証
掲載日:2002/05/01 (月刊アゴラ 京阪女性ジャーナル)
その腸内細菌叢改善作用

先頃「日本農芸化学学会」日本農学会」が開催され、様々な研究成果が発表された。
その中には少なからず健康食品素材も対象となり「代替医療」の必要性が益々関心を集めているようだ。
さて今回は「大豆酵素」の5つの有用性(〇Χ檗抗菌作用 腸内細菌叢改善作用9酸化作用 ぅ┘好肇蹈殴麝雄醉僉´シ賣改善作用)の腸内細菌叢改善作用についてです。
腸内には約300種類、100兆個の細菌がいるといわれ、私たちの健康に大変大切な役割を果たしています。例えば脂質・糖代謝の改善、肝臓・腎臓機能の活性化、発ガン物質等の分解・排泄促進、免疫機能の活性化、病原菌の増殖抑制と感染予防など等。しかし細菌群の中には悪玉菌(大腸菌・ウエルシュ菌等)と呼ばれる細菌が存在して、これらが大勢になると、
(悄Δならの臭いがきつくなる発ガン物質を生み出し病気の原因となる等。これを防ぐためには、この働きを抑制する善玉菌(乳酸菌・ビフィズス菌等)が活発に働きかける環境に整えておくことが大変重要となります。因みに理想的な腸内環境は、善玉菌がおよそ90%、悪玉菌が10%くらいが良いといわれています。大豆酵素は乳酸菌を利用した醗酵食品ですので、乳酸菌は言ってみれば生みの親みたいな存在ですから、腸内の善玉菌の栄養分となり、またその働きを活発にすることで、腸内環境を整えていく作用があります(便秘の方は翌日には実感できると言いますから驚きです)また殺菌力(ピロリ菌・0157・MRSA)も持つため食中毒対策にも有効といえるでしょう。
健康の条件として、まずは腸内環境を整えたいものですね。「次回へ続く」

2002年5月1日 月刊アゴラ 京阪女性ジャーナル



▲ページTOPに戻る

HOME | 新着情報 | TOPICS | ES大豆発酵生産物の食品研究発表 | 健康食品分野利用 | 食品加工分野利用
環境への取組み | 発表会・展示会 | パブリシティー | 会社概要 | お問い合わせ

※このホームページに記載されている内容・写真の無断転載は禁止します。

All Rights Reserved. Copyright(c)2003 ECOSUNTE Co.,Ltd.